内助の功

子どもたちの世話や家事をしながら、妻も一生懸命私の活動を支えてくれています。何とか結果を出したい。疲れもありますが、その一念も大きく私を突き動かします。